日本観光史
日本観光史:会社編
TOPページのアドレスが変更になりました。

千歳市
Chitose City

新千歳空港
(H.FUKが撮影、2014年8月)

新千歳空港「大空ミュージアム」
(H.FUKが撮影、2014年8月)

新千歳空港「ヒストリーミュージアム」
(H.FUKが撮影、2014年8月)

新千歳空港「ヒストリーミュージアム」
(H.FUKが撮影、2014年8月)

新千歳空港「ヒストリーミュージアム」
(H.FUKが撮影、2014年8月)

新千歳空港駅
(H.FUKが撮影、2014年8月)

山線鉄橋(王子軽便鉄道)
(H.FUKが撮影、2015年6月)

支笏湖ビジターセンター
(H.FUKが撮影、2015年6月)

支笏湖
(H.FUKが撮影、2015年6月)

支笏湖ビジターセンター
(H.FUKが撮影、2015年6月)

柳ばし「メンチカツ定食」
(H.FUKが撮影、2013年9月)

サケのふるさと千歳水族館
(H.FUKが撮影、2023年6月)

サケのふるさと千歳水族館
(H.FUKが撮影、2023年6月)

戻る
戻る



1803年
思古津稲荷大明神創建(→1917年千歳神社)
1904年 9月29日 王子製紙 王子製紙専務鈴木梅太郎一行が千歳川と支笏湖周辺調査(〜10月2日)
1906年 4月 王子製紙 王子製紙土地買収開始
4月7日 王子製紙 王子製紙千歳川水利権取得
9月22日 王子製紙 御料局札幌支庁王子製紙に林木払下げ契約
1907年 10月26日 王子製紙 王子製紙苫小牧工場専用鉄道(山線・王子軽便鉄道)敷設工事認可
1908年 8月12日 王子軽便鉄道 山線運行開始
1910年 7月12日 王子製紙 王子製紙第1発電所送電開始
9月 王子製紙 王子製紙苫小牧工場操業開始
1915年
丸駒温泉開湯(支笏湖)
1916年
王子製紙 貴賓館「倶楽部別邸」(支笏湖倶楽部)を支笏湖に建設
1922年 4月1日 王子軽便鉄道 山線一般客受け入れ
1923年
「樽前山登山案内組合」結成
1925年
谷本亀 谷本亀が支笏湖初の動力遊覧船運行
1933年 8月22日
烏柵舞道路開通式(千歳−支笏湖)
1937年
北海道鉄道 北海道鉄道バス千歳駅−支笏湖間定期運行開始
1938年
▲三〇通船部戦時下燃料不足などで遊覧船運航中止
1948年 7月 北海道中央バス 北海道中央バスが札幌−千歳−支笏湖間バス運行開始
1949年 5月16日
支笏洞爺国立公園指定
8月1日
支笏湖観光ホテル開業
8月 北海道 道営モラップ野営場開設
1950年 4月 王子軽便鉄道 ▲山線運行終了(→1951年5月10日廃止)
4月
王子専用バス丸山−上千歳間運行開始
8月24日 苫小牧市 苫小牧市道支笏湖産業道路竣工(苫小牧−支笏湖間、→国道276号)
8月25日 苫小牧市 苫小牧市営定期バス支笏湖線運行開始
1951年 5月10日
▲山線廃止(全線王子専用バス運行)
1952年 8月 苫小牧市 苫小牧市営モーラップ休憩所「樽前荘」建設
1953年 6月26日
第1回支笏湖湖水まつり開催(〜27日)
8月 苫小牧市 苫小牧市営バス湖畔−モラップ線運行開始
9月14日
★樽前山噴火
9月
★丸駒温泉旅館土石流直撃
1954年 3月
千歳交通(千歳ハイヤー)支笏湖営業所開設
1955年 2月14日
★樽前山噴火
7月
支笏湖ユースホステル開業
伊藤木材 支笏湖いとう温泉創業
食堂・湖月荘開業(→民宿営業1965年5月) 
支笏湖観光船企業組合 支笏湖観光船企業組合創設(→1958年支笏湖企業船組合→1960年北炭観光に譲渡)
1956年 6月
食事と休憩まつや食堂開業(→1985年3月閉店)
1957年
苫小牧市 苫小牧市道樽前山登山観光道路開設
1958年 1月12日
紋別岳山麓南斜面に支笏湖スキー場開設
「ちとせ食堂」開業(→1991年「民宿・お食事処みずうみ」に改称)
▲王子専用バス廃止
1959年
苫小牧市 苫小牧市営バス樽前登山線運行
苫小牧市 苫小牧市営樽前山七合目ヒュッテ開設、七合目駐車場開設
1960年 7月13日
支笏湖ユースホステル新館開業<設計:田上義也>
10月 三井観光開発 支笏湖観光運輸鰍ェ傘下に入る
1961年 12月20日
千歳空港開港
樽前山山頂避難小屋設置 
ポロピナイキャンプ場開設
道南バス 道南バス洞爺湖温泉−美笛鉱山間運行開始
支笏湖グランドホテル別館建設
支笏湖観光運輸 支笏湖観光運輸が菱中興業の遊覧船事業買収、観光運輸1社体制にな
1962年 7月 王子不動産 王子不動産千歳−支笏湖路線バス事業
7月
★モーラップキャンプ場風紀乱れで千歳警察署臨時交番設置
9月 王子製紙 王子製紙「鈴木梅四郎翁頌徳碑」建立(千歳川第一発電所) 
岩倉組 支笏湖北海ホテル創業(グリーンホテル、トムロッジ支笏湖、→1980年北海交通取得)
1963年 4月1日 北海道空港 千歳空港ターミナルビル営業開始 北海タイムス630330
12月15日 千歳市、苫小牧市 国設モーラップスキー場開設
1964年 5月25日 全日空 東京−札幌間にジェット機B727就航
▲千歳鉱山架空索道廃止
1965年 7月23日 北海道中央バス 支笏湖畔バスターミナル完成
1966年 10月7日
1972年札幌オリンピック冬季大会滑降競技会場に恵庭岳決定
1967年 5月16日 王子製紙 王子製紙、支笏湖鉄橋(→山線鉄橋)を千歳市に寄贈
8月31日
第七師団レンジャー訓練モーラップで4人水死
9月20日
支笏湖畔有料道路開通
9月20日 北海道 道道札幌支笏湖線全線開通(→国道453号、未舗装)
1969年 6月15日
支笏湖ホテル鹿の湯オープン
7月1日 北海道中央バス 札幌−ポロピナイ−支笏湖、千歳空港−支笏湖間運行
7月1日
支笏湖観光運輸(支笏湖観光バス)札幌五番館−支笏湖間、湖畔−ポロピナイ・シシャモナイ間運行 
11月1日
モーラップ米軍支笏湖水泳訓練場、日本政府に返還
1970年 1月
モーラップ山スキー場に夜間照明設置
10月7日 北海道空港 千歳空港ターミナルビル本館増改築供用開始 北海道空港20年の歩み
12月
千歳飛行場東側滑走路3,000m延長供用開始
1971年 12月15日 北海道空港 千歳空港ターミナルビルフィンガーゲート・ラウンジ完成、ボーディングブリ
ッジ設置
北海道空港20年の歩み
1972年 2月5・7日
札幌オリンピック滑降競技恵庭岳で開催
支笏湖レイクサイドホテル開業
1973年 7月1日 北海道空港 千歳空港ターミナルビルフィンガー第2期増築供用開始 北海道空港20年の歩み
9月30日
★支笏湖プリンスホテル火災、10名重軽傷
12月24日
新千歳空港設置告示
1974年 4月1日 全日空 東京−札幌線にトライスター就航 限りなく大空へ全日空の30年
4月1日 日本航空 東京−札幌間にB747SR就航
1975年 3月1日 東亜国内航空 東京−札幌線開設(DC-9)
6月1日
支笏湖自然の村開村(6〜9月) オリンピック跡施設
支笏湖野鳥の森開設
1976年 12月16日 北海道空港 千歳空港ターミナルビル第2到着ターミナルビル完成 北海道空港20年の歩み
1977年 9月19日
支笏湖畔国民休暇村開業
美笛キャンプ場開設(千歳市)
1978年 12月1日
千歳飛行場東側滑走路1,000m南方移転供用開始
1980年 5月1日
支笏湖自然科学館(支笏湖ビジターセンター)開設
5月29日 千歳国際ホテル ホテル日航千歳開業(167室) 日本航空社史
5月 北海交通 北海交通支笏湖北海ホテル開業(トムロッジ支笏湖を買収)
10月1日 国鉄、北海道空港 千歳空港駅開業、連絡歩道橋でと接続 北海道空港20年の歩み
支笏湖ビジターセンター開設
1981年 2月19日 防衛庁 防衛庁が千歳空港の国際線民間航空機就航を認める(新千歳空港開港
までの暫定)
毎日810219
3月23日 日本航空 札幌−成田−ホノルル線開設【千歳空港国際化】
1983年
▲支笏湖グランドホテル休業
1984年 4月14日
支笏湖畔有料道路無料化
1985年 1月10日 日本航空 日本航空が札幌−沖縄線週4便の季節運航を開始
11月 苫小牧市 ▲苫小牧市営バス樽前登山線廃止
美笛食堂(旧千歳鉱山配給所)開店
1986年 2月24日
▲千歳鉱山休山式
3月1日 全日空 広島−札幌線開設
7月15日
札幌国際エアカーゴターミナル叶ン立
1987年 12月30日 日本航空 ▲千歳−ホノルル線運休
1988年 7月20日 運輸省 新千歳空港開港、新滑走路3000m供用開始(24時間運用) 毎日880720、読売880720、朝日880720
1989年 6月2日 大韓航空 新千歳−ソウル線開設
▲美笛食堂(旧千歳鉱山配給所)廃業
1990年 7月2日 コンチネンタルミクロネシア航空 札幌−サイパン・グアム線就航 毎日900627
7月27日
ザ・ノースカントリーゴルフクラブ開場
10月28日 日本航空 日本航空とキャセイ・パシフィック航空共同運航で札幌−香港線週3便を
開設
1991年 1月 フォーブス ホテルウイングインターナショナル千歳オープン
2月3日 日本航空 新千歳−ホノルル線再開
5月15日 日本航空 香港−名古屋−新千歳−アンカレジ−ニューヨーク線貨物定期便就航
10月16日 日本ユニバーサル航空 日本ユニバーサル航空就航(→1992年9月運休)
1992年 7月1日 JR北海道 新千歳空港駅開業、千歳空港駅は南千歳駅に改称 新建築9209
7月1日 北海道空港 新千歳空港新ターミナルビル開業 日経920701、新建築9209、朝日920701
7月1日 三井観光開発 三井アーバンホテル新千歳空港開業
10月27日 カンタス航空 新千歳−ケアンズ線就航
12月1日 苫小牧市 苫小牧市営バス支笏湖線、中央バスに移譲(→2001年休止→2002年廃止)
1994年 6月30日
24時間運用化の新千歳空港に1番機到着(6月23日24時間体制となる) 毎日940630
9月10日 (財)千歳青少年教育財 千歳サケのふるさと館開館(千歳市) 毎日940903、レジャー産業9408
▲モーラップ山スキー場休止
1995年 3月17日 北海道エアフロント開発 輸入促進商業施設「千歳ワールド・マーケット・プレイス 千歳NEWS」オープン(旧千歳空港旅客ターミナル)
美笛キャンプ場、苫小牧営林署から千歳市へ譲渡
1996年 4月1日
「支笏湖畔国民休暇村」が「休暇村支笏湖」に改称
4月26日
新千歳空港B滑走路供用開始
6月 小栗美恵 アイスクリームの店「花茶」オープン(千歳市)
1997年 5月22日
千歳全日空ホテル開業(288室) 日経産業970522
10月29日 KLMオランダ航空 名古屋−新千歳−アムステルダム線就航(→2002年2月1日運休)
1998年 6月28日 中国北方航空 新千歳−潘陽線就航
12月20日 北海道国際航空(エアドゥ) 札幌−羽田線開設(B767-300ER) 毎日981221
1999年 1月
▲支笏湖レイクサイドホテル休業(→2001年11月解体)
4月24日 スカイマークエアラインズ 伊丹−札幌線開設
9月
カフェ・アウル開店
2000年 4月1日 JALウエイズ 新千歳−ホノルル線開設(日本航空より移管)
4月 王子製紙 ▲ホテル翠明閣休業
9月3日 エバー航空 新千歳−台北線チャーター便曜日指定化
9月28日
▲「支笏湖畔バスセンター」営業終了
2001年 2月
支笏湖23年ぶり全面結氷
6月5日
★苔の洞門が崩落で立入禁止となる(千歳市)
7月22日 サハリン航空 新千歳−ユジノサハリンスク線就航
8月1日 中国西北航空 新千歳−上海線就航
12月2日 キャセイパシフィック航空 新千歳−香港線再開
2002年 2月
▲旅亭あしり休業(→6月定山渓第一ホテルへ譲渡)
7月1日
北海道ラーメン道場開業(新千歳空港内) 毎日020720
9月 椛謌黹zテル 支笏湖第一寶亭留翠山亭オープン
小栗美恵 ファームレストラン開業(花茶、千歳市)
2003年 7月5日 環境省 支笏湖ビジターセンターリニューアルオープン
9月
苔の洞門ネイチャーセンター完成(2004年6月公開)
11月5日 全日空 日本初の深夜定期貨物便就航(新千歳−羽田間)
11月 加森観光 加森観光が三井観光開発より支笏湖観光運輸の全株式を取得
2004年 7月2日 北海道空港 ハイパーホテル千歳オープン(7月2日ペウル千歳ホテル棟竣工式、138
室)
10月 椛謌黹zテル 支笏湖翠山亭倶楽部オープン
2005年 4月10日 支笏湖観光運輸 支笏湖水中遊覧船運航開始(「エメラルド」、「サファイア」)
4月29日 潟vロッド・イクス 千歳アウトレットモールReraオープン
6月25日
道の駅「サーモンパーク千歳」オープン
2006年 4月16日 千歳市 ★支笏湖ポロピナイ観光センター火災焼失
4月28日 スカイマーク スカイマークエアラインズが羽田−札幌線運航開始
7月1日 中華航空 台北−新千歳線開設 読売北海道版060702
2007年 4月4日 ギャラクシーエアラインズ ギャラクシーエアラインズ、新千歳−関西、新千歳−羽田線就航
4月18日 中国国際航空 新千歳−北京線就航
5月2日 中国南方航空 新千歳−大連線就航
11月12日 潟pノラマ・ホテルズ北海道 ANAクラウンプラザホテル千歳オープン(旧千歳全日空ホテル)
カフェ&レストラン美里開店
2008年 3月 王子製紙 支笏湖翠明閣の経営権を丸駒温泉へ譲渡
4月1日 グランビスタ 三井アーバンホテル新千歳空港がホテルコムズ新千歳空港に改称
4月27日
支笏湖観光センター(ポロピナイ休憩所)建替えオープン
4月
鶴雅観光開発「支笏湖観光ホテル」を買収
8月1日 丸駒温泉旅館 レイクサイドヴィラ翠明閣オープン
8月25日 ルートインジャパン ホテルルートイン千歳駅前オープン
2009年 5月15日 鶴雅グループ しこつ湖鶴雅リゾートスパ「水の謌(うた)」オープン(旧支笏湖観光ホテル) 毎日北海道090513
11月末
▲食堂・湖月荘閉店
12月19日 ビバマカオ 新千歳−マカオ間定期チャーター便就航
2010年 3月26日 北海道空港 新千歳空港国際線ターミナルオープン 日経産業100215
7月18日 モンスター・ナイン 千歳マッスルパークオープン(千歳アウトレットモールRera内)
9月末 キリンホールディングス ▲キリンビアパーク千歳併設熱帯植物園「トロピカルドーム」閉園(23年の
歴史に幕
10月17日 エアバス社 A380が新千歳空港に初飛来
11月
支笏湖北海ホテル全面休業
2011年 6月1日 ブリーズべイホテル ホテル日航千歳がホテルグランテラス千歳に改称
7月15日 北海道空港 新千歳空港国内線ターミナルビル増築オープン(万葉の湯、シネマ) 朝日北海道版110716
7月15日 万葉倶楽部 新千歳空港国内線ターミナルビル内に「新千歳空港温泉 万葉の湯」オープン(FC、10号館)オープン
7月15日 潟鴻Cズコンフェクト ロイズチョコレートワールドオープン(新千歳空港内)
8月28日 モンスター・ナイン ▲千歳マッスルパーク閉園
2012年 3月末 グランビスタ ホテル&リゾート ▲ホテルコムズ新千歳空港営業終了(→エアターミナルホテル新千歳空
港)
日経北海道版120126
4月28日 北海道空港、丸瀬布観光公社 エアターミナルホテル新千歳空港オープン(188室、旧ホテルコムズ新千
歳空港)
5月
「支笏湖ガイドハウスかのあ」営業開始
7月14日 北海道空港 新千歳空港に「大空ミュージアム」オープン
7月 北海道空港 新千歳空港国内線ターミナル拡張
9月1日 エリアワンエンタープライ ホテルエリアワン千歳オープン(旧千歳エアポートホテルアネックス)
11月1日 支笏湖温泉旅館組合 支笏湖温泉旅館組合が札幌支笏湖間に無料シャトルバス運行(名湯ライナー、〜4月30日)
2013年 1月25日 鶴雅観光開発 鶴雅観光開発が2010年11月より休業中の支笏湖北海ホテルを取得
3月22日 北海道空港 新千歳空港にエアポート・ヒストリー・ ミュージアムオープン
3月 金谷ホテル観光グループ 金谷ホテル観光グループがいとう温泉より旧支笏湖プリンスホテル跡地の営業権を取得
2014年 4月1日 千歳市 ▲道の駅サーモンパーク休館
4月 万葉倶楽部 ▲ 「新千歳空港温泉 万葉の湯」(10号館)のフランチャイズ契約解消(→5月新千歳空港温泉)
5月8日
オーシャンデイズ開店(→7月支笏カムイゲストハウス開店→8月パン販売)
7月20日 潟潟u・マックス ホテルリブマックス千歳オープン(旧しんぐれいすホテル千歳、→ホテルリブマックスBUDGET千歳)
7月
貫田桟橋跡に「支笏湖中央ボート」開業
12月1日 千歳市 ▲千歳サケのふるさと館休館(→2015年4月サケのふるさと千歳水族館改称)
2015年 5月2日 タイ・エアアジアX バンコク−新千歳線就航(A330、マレーシアエアアジアXによる代替運航)
5月6日
▲カフェ&レストラン美里閉店
7月1日 碧雲堂ホテル&リゾート ハイパーホテル千歳が千歳ステーションホテルに改称
7月25日 千歳市 サケのふるさと千歳水族館改装オープン
8月8日 千歳市 道の駅サーモンパーク千歳・センターハウスオープン
2016年 2月23日 日本航空 ★新千歳空港で日航機福岡行B737-800が離陸前待機中にエンジンから煙が出て緊急脱出、4人負傷 日経160224
7月1日 アシアナ航空 仁川−新千歳線就航(週7便) 日経160414
8月5日
★新千歳空港で乗客1人が金属探知機を通らずに搭乗待合室に入ったため旅客1000人の保安検査をやり直し 日経160806
8月20日 春秋航空日本 成田−札幌線開設
10月 スクート シンガポール−台北−新千歳線就航 日経160420
2017年 4月27日 新千歳空港ターミナルビ 新千歳空港ターミナルビル設立(北海道空港から会社分割)
4月28日
ANAクラウンプラザホテル千歳新館オープン(150室)
9月13日 全日空 新千歳空港国内線ラウンジリニューアルオープン<設計:隈研吾> 日経170222
10月29日 エアアジア・ジャパン 中部−新千歳線就航
2018年 1月25日
北海道空港・三菱地所・東急・日本政策投資銀行が新千歳空港など道内7空港民営化運営権取得に向けて企業連合を結成 日経180126
9月6日
★北海道胆振地方地震発生(安平町震度7) 読売180906
9月7日
新千歳空港国内線運航再開 日経180908
9月8日
新千歳空港国際線運航再開 日経180908
9月19日 JR北海道 JRイン千歳オープン(185室)
9月21日 ピクニックストーリー トイロンズホテル千歳(旧ホテルリッチモンド)
10月下旬
新千歳空港が国内線で旅客施設使用料徴収開始
11月26日 エアソウル 仁川−新千歳線就航(A321-200)
12月20日
新千歳空港国際線駐機場3ヵ所暫定供用開始
12月26日 JR北海道 新千歳空港駅リニューアルオープン
2019年 3月24日 マリンドエア クアラルンプール−台北−新千歳線就航
4月25日 ピーチ・アビエーション 新千歳−ソウル仁川線就航(A320、毎日運航)
5月1日 鶴雅ホールディングス しこつ湖鶴雅別荘碧の座オープン(25室、千歳市、旧支笏湖北海ホテル跡地)
5月3日 チェジュ航空 新千歳−釜山線就航(毎日運航)
6月20日
▲とんかつ 喫茶&食事 ブローニュー閉店
7月26日 石屋製菓 新千歳空港国内線ターミナルにカフェ「ISHIYA CAFE」オープン 日経東京版190727
8月1日 マリンドエア ▲新千歳−台北桃園線運休
8月30日 新千歳空港ターミナルビルディング 新千歳空港国際線ターミナルビル増築開業
9月1日 ピーチ・アビエーション 成田−新千歳線運航再開
9月3日 大韓航空 ▲釜山−新千歳線運休 日経190731
9月14日
★新千歳空港国内線ターミナル一般車レーンでの乗車を禁止
10月27日 ノックスクート 新千歳−バンコク線就航(週4便)
11月 新千歳空港ターミナルビ 新千歳空港国際線旅客ターミナル増築部に多目的ホール「新千歳ポルトムホール」開業
12月15日 フィンエアー 新千歳−ヘルシンキ線就航(週2便)
12月16日 千歳空港ターミナルビルディング 新千歳空港国際線ターミナルに「トラベラーズラウンジ」オープン
12月16日 カンタス航空 新千歳−シドニー線直行便就航(週3便、〜2020年3月28日)
2020年 2月1日 北海道空港、新千歳空港ターミナルビルディング 新千歳空港国際線ビルに隣接した高級ホテル「ポルトムインターナショナル北海道」開業(171室)<運営:碧雲堂ホテル&リゾート> 日経151219、商店建築2106
3月19日
新千歳空港国際線ターミナルビル拡張竣工
新千歳空港で駐機場3機分拡張、新南誘導路新設
JR北海道 新千歳−札幌間に「特別快速」導入
7月
▲ラオックス新千歳空港国際ターミナル店閉店
9月30日
▲アサヒビール園千歳店閉店
2021年 3月末 日本ユースホステル協会 ▲支笏湖ユースホステル閉館
5月19日 鞄動 ホテルクラッセステイ千歳オープン
6月 北海道エアポート ★北海道エアポートがコロナによる経営悪化を受け2022年度に向けて100億円規模の無利子融資を国に要請したことが分かる
8月30日
★丸駒温泉が民事再生手続き開始申請
2022年 5月1日
丸駒温泉旅館リニューアルオープン
7月17日 大韓航空 新千歳−ソウル線2年4ヶ月ぶり運航再開
11月1日 スクート 新千歳−台北桃園−シンガポール線運航再開(週3便)
11月1日 スクート 新千歳−シンガポール線運航再開(週4便、〜2月27日)
12月1日 エアアジアX 新千歳−クアラルンプール線運航再開(週4便)
2023年 7月25日
▲レストラン西洋軒閉店
9月27日 中国東方航空 新千歳−上海浦東線就航(週2便)
12月1日
新千歳空港温泉入館料改定(大人1800円→2600円)
2024年 1月15日
▲千歳アウトレットモール・レラ運営終了の方針報道