日本観光史
日本観光史:会社編
TOPページが変更になりました。

ベルギー王国
Belgium/Koninkrijk Belgie

ワロン王立オペラ劇場・ リエージュ.
(M.FUKが撮影、2003年4月)

プランス・エベック宮殿・ リエージュ.
(M.FUKが撮影、2003年4月)

ブリュージュ
(M.FUKが撮影、2003年4月)


戻る
戻る



11世紀
プランス・エベック宮殿建設(リエージュ)
1150年
聖ヨハネ病院メムリンク美術館開館
13世紀
ガースベーク城築城(ブリュッセル)
1619年
小便小僧像設置(ブリュッセル)
1798年
ゲント美術館開館
1803年
ベルギー王立美術館開館(ブリュッセル)
1810年
アントワープ王立美術館開館
1815年 6月18日
★ワーテルローの戦い
1829年
デルヴォー デルヴォー創業(レザーグッズ)<創業者:シャルル・デルヴォー>
カフェ「ダンドワ」創業(ブリュッセル、洋菓子)
1830年
ベルギー王国 ベルギー王国独立宣言
1835年
王立歴史美術館開館(ブリュッセル)
1843年
アントワープ動物園開園
1876年
ラーケン王宮温室完成(ブリュッセル)
1890年
アントウェルペン王立美術館開館
1895年
CIGH ホテル・ドゥ・ラ・プラージェ開業(オステンド)
1897年
コンゴ博物館開館(→王立中央アフリカ博物館)
1899年
CIGH ホテル・ロイヤル・パレス開業(オステンド)
1900年
CIGH シャトーロイヤルダルデンヌ開業(ディナン)
1902年
ヘント美術館開館
1904年
マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館開館(アントワープ)
1905年 4月27日
リエージュ万国博覧会開催(リエージュ、〜11月6日)
リエージュ近代美術館開館
1913年
CIGH ホテル・ターミナス マリタイム開業(オステンド)
1923年 5月23日 サベナ航 SABENA設立
1925年
朝日新聞 朝日新聞訪欧大飛行(7月25日代々木出発−大阪−福岡−平壌−ハルビン−チタ−イルクーツク−シベリヤ各地−モスクワ−ケーニッヒベルク−ベルリン−ストラスブール−パリ−ロンドン−ブリュッセル−リヨン−10月27日ローマ到着、ブレゲー機2機「初風」、「東風」)
1926年
ジョセフ・ドラップス ショコラトリー・ドラップス創業(ブリュッセル、→1956年ゴディバ)
1928年
サベナ航 コローニュ−ブリュッセル−アントワープ線開設
1930年
グルーニング美術館開館(ブルッへ)
1938年
イーペルで猫祭り初開催
1939年 5月
リエージュ国際博覧会開催(〜11月)
1940年
アルベール運河開設
1947年 6月4日 サベナ航 大西洋線開設(ブリュッセル−ニューヨーク線)
1950年
シュミット・ファン・ゲルダー美術館開館(アントウェルペン)
ミダルハイム野外彫刻美術館開館(アントウェルペン)
1955年
イーペルで「カッテンストウッツ(猫祭り)」初開催
村上信夫 村上信夫が帝国ホテルから在ベルギー日本大使館へ出向
1958年
ブリュッセル万国博日本館竣工(現存せず)<設計:前川國男>
アトミューム完成(高さ100m、ブリュッセル万国博シンボル)
1959年 6月20日
日本ベルギー航空協定調印(1962年7月3日発効)
シレジアン遊園地開園
1967年 7月1日 EC 欧州共同体(EC)発足
1969年 4月 サベナ航 ブリュッセル−アンカレッジ−東京線運行開始
1973年
テアトル・ド・ラ・プラス開館(リエージュ、→2013年リエージュ劇場)
1974年 5月 ベルギー政府 ベルギー政府観光局東京事務所開設
1975年 7月26日
ワリビ開園(→1998年シックスフラッグスベルギー→2004年ワリビ・ベルギー)
1987年 3月6日
★ベルギー沖で英国籍フェリーが転覆
小便少女像設置(ブリュッセル)
1990年 10月28日 全日空 東京−ブリュッセル線開設(サベナ・ベルギー航空と共同運行)
1991年
アサヒビー 三ツ星レストラン「メゾン・ド・ブッシュ・ローメイヤー」を買収 日経産業910409
1994年 3月末 全日空 ▲サベナ・ベルギー航空と共同運航の東京−ブリュッセル線から撤退(サベナの単独運航となる) 毎日931204
片岡物産 片岡物産がベルギー「ドゥバイヨル」の日本総代理店となる
1996年 1月 タリス パリ−ブリュッセル間高速鉄道運行開始
1998年
グランプラスが世界遺産に登録
2001年 11月6日  サベナベルギー航 ★サベナ・ベルギー航空再建断念、清算手続きに入る方針を発表(日経は11月7日破産申請、78年の歴史に幕) 毎日011108、日経011108
2009年 1月
ブリュッセル中央駅−グランプラス間地下通路「オルタ・ギャラリー」リニューアルオープン(ヴィクトル・オルタ1952年設計)
6月2日
マグリット美術館オープン(ブリュッセル市)
9月20日
ビュースポット芸術の丘に「SQUARE」リニューアルオープン(旧パレ・デ・コングレ1958年建築)
2012年 11月1日 JR東日本 ブリュッセル事務所開設(→2013年2月1日ブリュッセル支店)  日経130205
2015年 10月25日 全日空 成田−ブリュッセル線就航(B787-8)、ブリュッセル航空とコードシェア開始 日経150702
2016年 3月22日
★ブリュッセルで連続爆破テロ(ブリュッセル国際空港と地下鉄マルべーク駅)、32人死亡200人以上負傷 日経160323
4月3日
ブリュッセル国際空港一部再開 日経160403・160404
4月11日 全日空 テロ以降運休していたブリュッセル線運航再開 日経160407
9月28日
ドイチェ・ルフトハンザAGがブリュッセル航空を完全子会社化すると発表
2017年 8月31日 岐阜県、関ヶ原町 関ヶ原とワーテルローが姉妹古戦場協定締結 日経170901
11月 灰MM.com ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVの経営権を取得
2018年 5月7日
ダイヤモンド博物館DIVAオープン(アントワープ)
6月2日 ベルギー王国 栃木県日光市のベルギー王国大使館別荘特別公開(6月25日まで土日月のみ)
2020年 10月25日 シンガポール航空 シンガポール−ブリュッセル線就航(週4便、A350-900)
12月20日
★英国で新型コロナウイルスの変異種が広がったことを受け、ベルギーが英国便の受け入れ禁
2021年 3月6日 全日空 成田−ブリュッセル線再開(週1便)
2022年 5月4日
オードリー・ヘプバーン像建立(ブリュッセル生家近く)
5月
ユーロスターとタリス統合
9月30日 ASLL航空ベルギー リエージュ−アスタナ(アルマトイ)−成田間貨物便就航(週2便、B747-400F)
2023年 3月11日 全日空 成田−ブリュッセル線再開(週2便)
9月30日
▲タリス最終列車運行
10月1日 ユーロスター・グルー 新ブランド「ユーロスター」運行開始

ユーロ・スペース・センター