日本観光史
日本観光史:会社編


シンガポール共和国
Singapore

シンガポール航空A380
(H.FUKが撮影、2010年11月)

シンガポール
(特派員TA−no−SHI 撮影)

マリーナベイサンズ・カジノ
(特派員TA−no−SHI 撮影)

マリーナベイサンズ・カジノ
(特派員TA−no−SHI 撮影)

シンガポール航空 B777-300
(H.FUKが撮影、2015年1月)

戻る
戻る




14世紀
中国の貿易商が往来
19世紀初頭
順天宮創建
1819年 1月 英国 ラッフルズがシンガポールに上陸、英国の貿易拠点となる
セント・アンドリュース大聖堂創建
1822年
トマス・スタンフォード・ラッフルズ ボタニック・ガーデン開園(フォート・カニング)
1824年
サルタン・モスク完成(アラブストリート)
1827年
ラナイナ・ピレ スリー・マリアアン・テンプル完成(ヒンズー教寺院)
1839年
天福宮創建(天后廟)
1857年
天后廟創建(瓊州会館併設)
1858年
百貨店ロビンソンズ創業
1867年
英国 シンガポールが英国の直轄植民地となる
1832年
シンガポール国立博物館開館
1933年 4月15日 シンガポールターフクラブ ブキッ・ティマ競馬場開設
1839年
天后廟創建(→シンガポール天福宮)
1842年
福建省移民 シアン・ホッケン寺院創建
1849年
ラッフルズ・インスティテューション図書館・博物館開館(→シンガポール国
立博物館)
1859年
農業園芸協会 植物園開園
1880年
英国 シロソ砦築造
1887年 12月 ティグラン・サーキーズ ラッフルズ・ホテル開業
1898年
双林寺創建(中国寺院)
1900年
社交クラブ「チュートニア・クラブ」開業(→グッドウッド・パーク・ホテル)
1904年
スタンフォード・ハウス竣工(ホテル)
1905年
社交クラブ「古寄楽」創立(→1908年吾廬倶楽部(ゴールークラブ)
1921年
光明山普覚禅寺創建
1928年
「オーキッド・ガーデン」オープン
1929年 4月 マナッセ兄弟 グッドウッド・パーク・ホテル開業
キャピトル・シアター竣工
1930年
マラヤンブリュワリー マラヤンブリュワリー設立(→アジアンパシフィックブリュワリー)
2月
オランダの航空機が最初の商用飛行機としてシンガポールに就航
1931年
マラヤンブリュワリー 「タイガービール」発売
1933年
キャピトル・ビルディング竣工(事務所・商業施設)
1937年
胡文虎、胡文
タイガーバームガーデン開園(→1985年ハウ・パー・ヴィラ)
1942年 2月15日 日本軍 ★日本軍、シンガポール占領
7月11日 三菱重工業 昭南造船所開設
7月13日 東急 シンガポールにマライ運輸部設置
1943年 10月11日 東亜旅行社 東亜旅行社昭南事務所開設
12月22日 東亜旅行社 東亜旅行社昭南事務所派出所開設2ヵ所 昭南カラン飛行場内、昭南駅内
大丸 大丸シンガポール店開業
1944年 1月 帝国ホテル 海軍水交社(グッドウッドパークホテル)を経営 帝国ホテル百年の歩み
ヤクンカヤトースト創業
1946年
ラッフルズホテル営業再開
1947年 5月 マラヤン・エアウェイズ マラヤン・エアウェイズ設立(→シンガポール航空)
1958年 5月8日 日本航空 東京−香港−バンコク−シンガポール線開設(DC6B、週3便) 朝日580507・580509
1959年 6月3日
シンガポール独立宣言
1960年 5月 STA シンガポール観光協会(STA)設立
1961年
Miss Tourism Singapore 初開催
1964年 1月1日 STPB シンガポール観光振興局(STPB)設立
観光ガイドの証明と調整に関する規則導入により観光ガイ ドのサービスが規制
STPB マーライオンがSTPBのロゴとしてデザインされ、STPBのスローガンにもマーライオンが表現される
1965年 8月9日 シンガポール共和国 シンガポール共和国がマレーシアから独立
9月26日 STPB STPBが旅行者週間を初めて実施
11月1日 フィリピン航空 マニラ−シンガポール線就航(DC8)
11月 STA STA がマレーシア、シンガポール、ブルネイでキャンペーンを初実施
1967年 2月14日
日本・シンガポール航空協定、シンガポールで調印(8月1日発効)
8月8日
ASEAN結成(東南アジア諸国連合)
マレーシア・シンガポール航 マラヤン・エアウェイズがマレーシア・シンガポール航空に商号変更
1968年 4月1日 日本航空 クアラルンプール線をシンガポールへ延長
8月1日 マレーシア・シンガポール航 シンガポール−クアラルンプール−香港−台北−東京線就航(B707) 毎日680802
1970年 4月1日
シンガポール政府観光局日本支局開設
7月 STA ▲STAとMiss Tourism Singapore事業が廃止
10月12日 STPB STPBと太平洋地域旅行協会 (PATA)がシンガポール観光セミナーを初共催
1971年 1月
ジュロン・バードパーク開園
4月23日 嘉里集団 シャングリ・ラ ホテルシンガポールオープン(運営:ウェスタンインターナショナルホテルズ)
6月2日 マレーシア・シンガポール航 シンガポール−ロンドン線運航開始
7月1日 石川島播磨重工業 新ジュロン造船所操業開始(シンガポール政府、ジュロン造船所と合弁) 石川島播磨重工業社史
ハイアット・リージェンシー・シンガポールオープン(→1998年グランド・ハイ
アット・シンガポール)
1972年 1月1日
日本とシンガポール間で3カ月以内滞在の査証相互免除協定が発効
2月3日
ラッフルズ上陸地点にラッフルズ像設置
8月 マレーシア・シンガポール航 大阪−シンガポール線開設
8月
マーライオン像設置(→2002年移設)
9月
セントーサ島開業
9月
シンガポールが東アジア旅行協会(East Asia Travel Association)に加盟
9月 STPB STPBがランの展覧会を東京で開催
10月1日 シンガポール
航空
シンガポール航空(SIA)とマレーシア航空(MAS)が分離して運航開始
三井不動産 ホンレオン・グループとの合弁会社「TID社」設立
1973年 6月23日 シンガポール政府 シンガポール動物園開園
9月1日 STPB STPBの賛助会員制度制定(小売店、ホテル、旅行代 理店、航空会社等の関係機関が連携)
10月1日 シンガポール航空 シンガポール−東京線に週3便B747就航
セントーサフェリーターミナル開業
1974年 1月31日
★シンガポールで日本人2人を含むアラブ・ゲリラ4人が製油所を爆破
2月15日
シンガポール・ケーブルカー開業
4月 STPB 観光振興局内にシンガポールコンベンションビューロー(Singapore Convention Bureau)設置
9月14日 ヤオハン 八百半シンガポール店オープン 毎日740915
1975年
中国・日本庭園開園
1976年
STPB 手工芸センター開設(タングリン・ロード)
1977年 4月1日 日本航空 東京−シンガポール線直行便開設(DC8−61) 日本航空社史
12月9日 英国航空、シンガポール航 コンコルド、ロンドン−シンガポール線開設(共同運行)
キャッチコピー「Surprising Singapore」を導入
1978年 11月 鹿島建設 シンガポール合弁会社ポンティアック・ホテル・プライベイト・リミテッドに出
12月1日 全日空エンタプライズ センチュリーパークシェラトンシンガポール部分開業 限りなく大空へ全日空の30年
1979年 1月20日 全日空エンタプライズ センチュリーパークシェラトンシンガポール全館開業 限りなく大空へ全日空の30年
9月28日 伊勢丹 シンガポール伊勢丹オーチャード店開店
1980年 11月1日 日本航空 名古屋、福岡、沖縄からシンガポールへ直行便を運航開始
1981年 7月1日
シンガポール・チャンギ国際空港開港
1982年 2月23日 セントーサ・デベロップメント・コーポレーショ セントーサ・モノレール運行開始(→2005年廃止)
6月1日
ミュージカルファウンテンオープン(セントーサ島、→2007年廃止)
9月7日
日本・シンガポール航空交渉、シンガポール側が太平洋線の増便を要求
(〜8日)
11月 鹿島建設 ポンティアックパビリオンホテル開業(→1988年パビリオン・インターコンチ
ネンタル→リージェントシンガポール)
鹿島建設社史
シンガポール・マリオット・ホテル開業(373室、旧ダイナスティ・ホテル)
アコー ノボテルオーキッドシンガポールオープン
1983年 1月29日
★セントーサ島海上ロープウエーに石油掘削船が接触、ゴンドラ2台落下 毎日830130
5月2日 三越 ▲シンガポール三越ガーデン閉鎖
「シンガポールのパイオニアと降伏の部屋博物館」開館(セントーサ島、→イメージ・オブ・シンガポール)
紀伊国屋書店リャンコート店開店
ル・メリディアン・シンガポールオープン(→2008年ル・コンコルドホテル・シ
ンガポール)
1984年 6月15日 プリンスホテル クラウンプリンスホテルシンガポール開業(303室)<フォワード・インベスト
メント社から運営受託>
西武ことしのメモ、日経831026
10月3日 全日空エンタプライズ フラマ・シンガポールホテル開業(345室)
10月20日 ホテルニュー
オータニ
ホテルニューオータニシンガポール開業(408室) 日経841021
観光地としてのシンガポー ルの魅力を強めるための調査機関として観光事業委員会(Tourism Task Force)を設置
シンガポールシャングリラホテルに「なだ万」オープン(→2016年閉店)
全日空エンタプライズ フラマ・シンガポールホテル部分開業(150室) 日経産業841126
日本航空開発 ★ホテルニッコーシンガポールの開発を断念(→コンコルドホテルシンガポ
ール)
日経産業841212
1985年 6月 アサヒビューインターナショナ リバービューホテル営業開始<アサヒビューインターナショナル(AVI)が経
営指導>
9月15日 第一ホテル、豊隆グループ シンガポール第一ホテル部分開業(200室) 日経産業850822
シンガポール観光協会 タイガーバームガーデンがハウパーヴィラに改称
コンコルドホテルシンガポールオープン(→ホリデイ・インアトリウムシンガ
ポール)
1986年 10月25日 そごう そごうシンガポール店オープン 日経861003
ウェスティン・スタンフォード・シンガポールオープン(→2002年スイソテル・
ザ・スタンフォード、→ラッフルズプラザ→2007年フェアモント・シンガポー
ル)<設計:I・M・ペイ>
観光事業の最初のマスタープラン(Tourism Product Development Plan(1986 to 1990))公開
シンガポール港が貨物取扱量で世界一となる
シンガポール・OUBセンタービル 竣工<設計:丹下健三>
1987年 2月14日 鞄結}ホテルズインターナショナル パンパシフィックシンガポール全面開業(800室) 東急100年史
10月5日 日本貨物航空 東京−シンガポール線就航(B747) 毎日870930
10月7日 東急百貨店 東急百貨店シンガポール店オープン 日経871008
マンダリン・オリエンタル ザ・オリエンタル シンガポールオープン(→2007年マンダリン オリエンタ
ル シンガポール )
1988年 3月28日 シンガポール航空 シンガポール−福岡線開設
4月3日 日本航空 名古屋−シンガポール線開設
7月 日本航空 ネプチューンオリエントライン(NOL)と合弁でクルーザー事業開始 毎日880408
1989年 4月9日 シンガポール航空 東京−シンガポール線にB747-400就航 毎日890410
10月30日 シンガポール航空 名古屋−シンガポール線開設
トレードウイングス設立(→1992年シルクエアーに商号変更)
1990年 2月2日 日本エアシステム 成田−シンガポール線開設(週2便)
6月
ギネス記録博物館開館
ドラゴンワールド開業(遊園地、旧ハウパーヴィラ)
チャンギ空港第二旅客ターミナル完成 毎日901130
1991年 5月13日
セント―サ島「アンダ―ウオーターワールド」開館
9月16日 ラッフルズ・インターナショナ ラッフルズホテルリニューアルオープン
10月3日 シンガポール航空 仙台−シンガポール線開設(週3便)
12月3日 全日空 東京−シンガポール線開設
全日空エンタ
プライズ
センチュリーパークシェラトン・シンガポールがANAホテルシンガポールに
改称
1992年 6月12日 遠東グループ タン・ダイナステイ・ヴィレッジ開園(→タン・ダイナステイ・シティ→1999年9
月末閉鎖)
1993年 8月
源吉兆庵シンガポール島屋店オープン
10月 東神開発 シンガポール高島屋SC開業
11月1日 シンガポール航空 広島−シンガポール線開設(週2便)
11月21日
クラーク・キー開業
NHB 国家遺産局(National Heritage Board (NHB))設立
1994年 5月3日
自然公園「ナイトサファリ」オープン 日経流通940510
6月 東急百貨店 東急百貨店(シンガポール)、「TOKYU SCENE」オープン
9月4日 全日空 関西−シンガポール線開設
1995年 4月 日本エアシステム ▲日本エアシステムがシンガポール線を運休
4月27日 パルコ シンガポールパルコ仮オープン 日経950428
4月 重慶飯店 重慶飯店シンガポール店オープン(パルコ内、→閉店)
7月19日 セゾン、IHC インターコンチネンタルホテルシンガポール開業(406室) 日経950720
9月8日 セゾン ブギス・ジャンクション全面開業(西友、パルコ、インターコンチネンタルホ
テル)
日経950908
12月 鹿島建設 ミレニアシンガポール(リッツカールトンホテル)開業 鹿島建設社史
キャッチコピー「Surprising Singapore」が「New Asia ‐ Singapore」に変更
富の泉完成(サンテック・シティモール内)
リパブリックプラザ竣工<設計:黒川紀章>
セントーサ島「火山園」オープン
1996年 1月10日
日本シンガポール航空協議、増便で合意
4月8日 日本航空 関西−シンガポール線開設(毎日運航)
シンガポール美術館(SAM)オープン(旧ミッションスクールを改修)
「マスタープラン Tourism21」発表
1997年 1月
シンガポールがアジアの国で初めて米国とオープンスカイ協定を締結
STPBがシンガポール観光局(Singapore Tourism Board)に改称
1999年 8月
クランジ競馬場開設(ブキ・ティマ 競馬場が移転)
2000年 6月
スノーシティ開業
7月 香港ランド シティ・リンク・モール開業 日経流通000711
2001年 1月1日 信和集団 ザ・フラトン・ホテル開業(旧郵便本局を改装) 日経流通010109
2月15日
チャンギ博物館開館
8月 潟鴻Cズコンフェクト シンガポールにロイズ海外1号店オープン(高島屋内)
11月
▲セントーサ島水のテーマパーク「ファンタジー・アイランド」閉鎖
2002年 1月1日
ザ・ウェスティン・スタンフォード&ウェスティン・プラザがスイソテル・ザ・ス
タンフォードに改称
2月8日
MRTエキスポ駅−チャンギ空港駅間開通
3月28日
▲中華海鮮レストラン 「ムイチン・レストラン」閉店
5月8日
マーライオン像(高さ8m)がマーライオン・ピアに移転
6月1日
水陸両用車「ワッキー・ダック」運行開始
7月20日
ロビンソン・インターナショナルホテルがクオリティーホテル・シンガポールに改称
9月15日
レストラン「カフェディマーレ」オープン(新マーライオン公園の真横)
10月8日
▲イースト・コースト・パーク内シーフードセンター「ゴールデン・ラグーン・シーフードレストラン」閉店
10月16日
エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイオープン
2003年 1月
免税店「DFSギャレリア」移転
3月1日
リゾート・ホテル「ザ・ビューフォート・シンガポール」がセントーサ・リゾート&スパに改称
3月2日
アジア文明博物館別館「ACM エンプレス・プレイス」オープン
7月7日
▲レストラン「アルカフマンション」閉店
11月1日
▲シー・ビューホテル閉館
タイガー・エアウェイズ タイガー・エアウェイズ設立<シンガポール航空49%出資>
2004年 2月
セントーサ島「スカイタワー」オープン(地上110m)
3月31日 全日空 ▲ANAホテルシンガポール営業終了 日経040212
4月1日
センチュリーロキシーパークホテルがグランド・メルキュール・センチュリー・ホテルに改称
4月 シルクエアー シェムリアップ−シンガポール線就航(週4便、A319-320)
6月28日
セントーサ島「マーライオンタワー」リニューアルオープン
9月27日
▲ブルージャスミン・レストラン閉店(海鮮中華)
10月1日 アポロエンタープライズ社 ノボテル・アポロ・シンガポールがフラマ・リバーフロントに、フラマホテル・シンガポールがフラマ・シティーセンターに改称
12月13日 ジェットスター・アジア シンガポール−香港線就航(A320)
12月16日 ジェットスター・アジア シンガポール−台北線就航(A320)
12月20日 ジェットスター・アジア シンガポール−パタヤ線就航(A320)
12月31日 ニューオータニ ▲ホテルニューオータニ・シンガポール営業終了、2005年1月1日ノボテ
ル・クラークキー・シンガポールに改称
12月31日 プリンスホテル ▲クラウンプリンスホテル・シンガポールの運営受託事業から撤退(→クラ
ウンホテルアットオーチャード→2007年パークホテル オーチャード)
アート ハウスオープン (旧国会議事堂)
キャッチコピー「New Asia ‐ Singapore」が「Uniquely Singapore」に変更
ワイルド・ワイルド・ウェット開業(ウオーターパーク、ダウンタウン・イースト内)
2005年 1月
「Tourism2015」公開、10 年間の観光振興計画を提示
1月
コンコルド・ホテル・シンガポールがホリディ・イン・アトリウム・シンガポールに改称
3月16日 セントーサ・デベロップメント・コーポレーショ ▲セントーサ・モノレール廃止
6月4日
マレーヘリテージセンター」オープン(アラブストリートのサルタンモスクそば)
7月
新・国立図書館オープン
セントーサ・リュージュオープン
2006年 1月
セントーサ・4Dアドベンチャーランドオープン
2月20日
ブキティマの「旧フォード工場」が第2次世界大戦のギャラリーとしてオープ
3月26日
シンガポール国際空港に「格安航空専用ターミナル」正式オープン
5月5日 JNTO JNTO(国際観光振興機構)シンガポール事務所開設
7月18日
ディスカバリーセンターリニューアルオープン
10月1日 パークロイヤルチェーン プラザパークロイヤルが「パークロイヤル オン ビーチロード」 に、グランドプラザパークロイヤルが「パークロイヤル オン コールマンストリート」に改称
10月
ハーバーフロントのショッピングモール「VIVO CITY」開業
12月2日
シンガポール国立博物館改装オープン
▲ジュロン・クロコダイル&レプタイル・パーク閉園(旧ジュロン・クロコダイ
ル・パラダイス)
2007年 1月1日
クラウンホテル アット オーチャードがパークホテル オーチャードに改称
1月15日 セントーサ・デベロップメント・コーポレーショ セントーサ・エクスプレス開業
1月15日
▲セントーサ島アトラクション「シネマニア」営業終了
1月22日
ニューパーク・ホテルがパークロイヤル・キチェナーロードに改称
3月5日
「ミントおもちゃ博物館」オープン
3月26日
▲ミュージカルファウンテン廃止(セントーサ島)
3月27日
パラワンビーチで「ソングス・オブ・ザ・シー」開始
4月30日 東急 ▲パンパシフィックホテルズアンドリゾーツの全株式をシンガポールのUO
Lグループへ譲渡すると発表
5月31日
チャイナタウンの巨大寺院「佛牙寺」完成
9月25日 マンダリン・オリエンタル ザ・オリエンタル シンガポールがマンダリン オリエンタル シンガポールに
改称
9月27日
ジュロンに「アーミーミュージアム・オブ・シンガポール」(陸軍博物館)オープン
10月28日 シンガポール航空 総2階建旅客機A380がシンガポール−シドニー線に就航
10月28日 シルクエア シンガポール−カトマンズ線就航(週3便、A320)
11月15日
セントーサ島シロソビーチにあるエメラルドパビリオンにアウトドアレストラン「テイストオブアジア」オープン
12月12日
ラッフルズ・ザ・プラザ・シンガポールがフェアモントシンガポールに改称
12月22日 三井不動産 セントレジスホテルシンガポール開業(299室)
2008年 1月9日
シンガポール・チャンギ空港「第3ターミナル」オープン
2月1日
ネガラホテルがパンパシフィック・オーチャードホテルに改称
3月1日
シンガポール・フライヤーオープン<設計:黒川紀章>
3月18日 シンガポール航空 A380がシンガポール−ロンドン線に就航
4月1日 ジェットスター メルボルン−ダーウィン−シンガポール線就航(毎日運航)
4月4日 ミャンマー国際航空 ヤンゴン−シンガポール線増便(週3便→4便、A320)
4月15日
大観覧車シンガポール・フライヤーオープン(高さ165m)
4月25日
プラナカン博物館開館
5月20日 シンガポール航空 成田−シンガポール線にA380就航 毎日080521
8月15日 国家遺産庁(NHB) シンガポール美術館(SAM)別館「8Q sam」オープン
9月30日
▲世界最大の繋留気球「DHLバルーン」営業終了
10月1日
ル・コンコルドホテル・シンガポールオープン(旧ル・メリディアン・シンガポ
ール)
10月12日
▲イーストコーストシーフードセンターのレストラン「フィッシャーマンビレッジ」営業終了
12月23日
★シンガポール・フライヤーが故障で6時間停止
F1 レース開催
2009年 2月26日
アイビス・シンガポール・オン・ベンクーレンオープン(538室)
2月28日
MRT東西線に「パイオニア駅」と「ジュークーン駅」オープン
2月28日
★マーライオンに落雷被害
3月27日
ブティックホテル「クインシーホテル」グランドオープン(108室)
3月30日
カペラ・シンガポールオープン(111室、セントーサ島)<設計:ノーマン・フォ
スター>
3月 ラスベガス・サンズ ★カジノリゾートの年内全施設一斉オープンを断念 日経産業090316
4月30日 中国東方航空 西安−昆明−シンガポール線就航(週1便、A320)
5月
パークホテル・クラークキーオープン(336室)
2010年 1月20日 ゲンティン リゾートワールドセントーサ(RWS)ホテル部分先行オープン
1月20日
ハードロック・ホテル・シンガポール開業
1月22日
タイガーエアがシンガポール取引所に上場
2月1日 セントーサ・デベロップメント・コーポレーショ セントーサ・エクスプレス「ウォーターフロント駅」開業
2月14日 ゲンティン リゾートワールドセントーサ(RWS)カジノ施設オープン 読売100214
3月18日 ゲンティン・グループ ユニバーサル・スタジオ・シンガポールソフトオープン(リゾート・ワールド・
セントーサ内、→4月19日開業)
3月31日 パルコシンガポール パルコ・マリーナ・ベイオープン(ミレニア・ウォーク内)
4月27日
マリーナベイサンズ・カジノオープン
7月5日 ジェットスター・アジア航空 関空−台北−シンガポール線就航(週7便、A320-200)
10月31日 シンガポール航空 羽田−シンガポール線開設(毎日2便、B777-300ER)
10月 凱・R・S シンガポール・シーフード・リパブリックが本国シンガポール・セントーサ島に開業
12月31日
▲マンダイ蘭園閉園
12月
マリーナ・ベイ・サンズ「スケート・リンク」オープン
キャッチコピーを「YourSingapore」に変更
2011年 2月 マリーナベイサンズ アート・サイエンス・ミュージアムオープン
4月 潟ーハイム シンガポール高島屋に「バウムクーヘンカフェ」出店(アジア1号店)
7月20日
マリーナ・ベイ・サンズ内に「バンヤンツリー・スパ」オープン
9月
ルイ・ヴィトン・アイランド完成<設計:モシェ・サフディ>
10月
ザ・マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアムオープン(セントーサ島)
11月1日 スクート スクート設立<シンガポール航空出資>
11月24日 ラオス航空 ビエンチャン−シンガポール線就航(週3便、A320)
モーベンピックヘリテージホテルオープン(→2016年ル・メリディアン・シン
ガポール・セントーサ)
2012年 3月25日 ジェットスターアジア 関西−マニラ−シンガポール線就航(週4便)
4月6日 鰍vDI カプリチョーザ Jcube店開店
4月7日
ショッピングセンター「JCube」オープン、スケートリンク「The Rink」オープ
6月29日
植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ「ベイ・サウス・ガーデン」オープン
9月6日
シンガポールに中国からジャイアントパンダ2頭到着(10年間貸与)
9月15日 EDB、JTC、NAC 現代アート地区「ギルマン・バラックス」オープン
9月18日 スターウッド Wシンガポール・セ ントーサコーヴオープン
11月2日 ジェットスター 関西−シンガポール線就航(週3便、A330-200)
11月22日 ゲンティン・グループ マリンライフパーク「シーアクアリウム」オープン(セントーサ島) レジャー産業1301
11月29日
リバーサファリでジャイアントパンダのみ先行一般公開
11月 樺メ利茶舗 シンガポール共和国出店
2013年 3月14日
▲チャンギ空港−マリーナ・ベイ・サンズ間無料シャトルバス運行終了
3月15日 JR東日本 シンガポール事務所開設 日経130205
3月
▲ラッフルズホテル博物館(ホテル内3階)閉鎖
4月3日
リバーサファリソフトオープン(マンダイ自然地区)
10月2日 サッポロライオ GINZA LION BEER HALLシンガポール1号店開店
10月 藤田観光 現地法人FUJITA KANKO SINGAPORE PTE.LED.設立
12月 ダイショウ ダイショウがウエスティン・シンガポールを買収していたことが分かる(305室、385億円)
2014年 1月 潟_イショウ 潟_イショウがウエスティンシンガポールを買収(305室)
1月
ガーデンズバイザベイに「チルドレンズガーデン」オープン
2月28日 JTB JTB PTEがダイナスティ・トラベル・インターナショナルを買収
2月28日
リバーサファリ正式オープン
3月31日 Jフロントリテイリング ▲パルコ・マリーナ・ベイ閉店
3月
ナショナルデザインセンターオープン(旧修道院を改修)
5月31日
ソフィテルソーシンガポールホテルオープン(→ソー ソフィテル シンガポー
ル)
6月27日 ジェットスターアジア 福岡−バンコク−シンガポール線就航
6月28日
シンガポールスポーツハブオープン
6月
トリックアイ・ミュージアムオープン(セント―サ)
9月25日 シャングリラ トレーダースホテルがホテル ジェン シンガポールに改称
10月1日 帝国ホテル シンガポール営業所開設 日経140920
10月1日 ホテル新羅 チャンギ空港に免税店オープン
10月17日 シンガポール航空 シンガポール航空がタイガー航空HDの子会社化を発表 日経141021
11月19日 日立製作所 シンガポールに鉄道信号システムの事業拠点設置を発表(2015年4月) 日経141120
12月12日 シルクエアー シンガポール−バリ島間就航
12月18日 三菱地所 超高層ビル「キャピタグリーン」竣工(40階高さ242m、設計:伊東豊雄)<
キャピタランド、キャピタコマーシャル・トラスト、Mitsubishi Estate Asia>
マダム・タッソーシンガポールオープン(セントーサ島)
JTB JTBが中堅旅行会社ツアーイーストを買収 日経141004
2015年 1月14日
スクートとタイガーエア・シンガポールが共同運航を発表 日経150117
1月
猫の博物館オープン
2月17日 近鉄エクスプレス 近鉄エクスプレスがシンガポールの物流会社APLロジスティクスの買収を
発表(1442億円)
日経150218
3月23日
★リー・クアンユー死去(初代首相)
4月 チェシャムプロパティーズ、ペレニアル(キャピトル)、トッププロパティーインベストメント 複合施設「キャピトル」開業(キャピトル・シアター、スタンフォード・ハウス、
キャピトル・ビルディングを改修)
朝日150319
4月 シャトレーゼ シンガポールにアジア1号店オープン
4月 ベンチャーリパブリック ベンチャーリパブリックがフロケーションズ社を買収 日経150430
5月30日
シンガポール・ピナコテーク・ド・パリオープン(美術館)
5月末 藤田観光 ▲シンガポール現地法人業務終了
5月 タワートランジット タワートランジット(英)がシンガポールでバス路線を運営する権利を落札
(2016年運営開始)
日経150523
7月1日 JR西日本 シンガポール事務所開設 日経150516
7月8日 スクート シンガポール−バンコク−関西線就航(B787) 日経150522
7月9日 スクート シンガポール−高雄−関西線就航(B787)
9月23日 川崎重工業 中国の鉄道車両メーカーと共同で地下鉄用車両72両を受注 日経150923
9月
ホテル・ジェン・オーチャードゲートウェイオープン
11月24日
ナショナル・アート・ギャラリー・シンガポール開館(旧市庁舎と最高裁判所
を改修)
日経150509
12月9日 アコ― アコ―がラッフルズの親会社FRHIホールディングスの全株式を買収する
と発表(3530億円)
日経151211
12月31日
東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟の10か国首脳が「ASEAN共同体」
を設立するとの宣言に署名
2016年 2月4日 クリエーティブ・フューチャー・パーク セントーサ島に娯楽施設「Mosh!」開業 日経160209
2月5日 シンガポール航空 シンガポール航空がタイガー・エアウエイズ・ホールディングスへのTOBで
9割超を取得
日経160206
3月 ルミネ ルミネがシンガポールに現地法人設立(2年以内に出店する方針) 日経160105
4月11日
▲シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ閉館
4月12日 セントーサ開発公社 キッザニア・シンガポール開業 日経160416
5月16日 バリューアライアンス LCCアジア8社が航空連合「バリューアライアンス」設立(バニラ・エア、チ
エジュ航空、セブ・パシフィック航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、
タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア)
日経160515・160517、読売160517
6月1日 ユナイテッド航 サンフランシスコ−シンガポール線開設
6月2日 ユナイテッド航 ▲成田−シンガポール線運休
6月8日
ル・メリディアン・シンガポール・セントーサオープン(191室、旧モーベンピ
ックヘリテージホテル)
6月26日
▲セント―サ島「アンダ―ウオーターワールド」営業終了(25年の歴史に
幕)
6月27日 シンガポール航空 ★シンガポール航空ミラノ行B777型機がチャンギ国際空港でエンジン火
6月
メルキュール シンガポール ブギスオープン
7月21日 スクート 成田−バンコク(ドンムアン)−シンガポール線開設
7月 アコ― アコ―がFRHIホールディングスの買収完了(新たにフェアモントホテル、ラ
ッフフルズホテル、スイスホテルの3ブランドが加わる)
7月 IHG ホテルインディゴシンガポールカントンオープン(131室)
7月 テマセク・ホールディングス テマセク・ホールディングスが交通大手SMRTを完全子会社化すると発表 日経160722
8月 IHG クラウンプラザ・チャンギエアポート新館オープン(243室)
10月1日 スクート シンガポール−台北−新千歳線就航 日経160420
10月23日 シンガポール航空 シンガポール−サンフランシスコ直行便就航
11月1日
スイス−ベルホテル・ラゴイ・ベイがグランド・ラゴイ・ビレージに改称(ビンタン島)
11月21日 阪急阪神ホテルズ シンガポール営業所開設 日経161124
12月4日 JR東日本 情報発信カフェ「JAPAN RAIL CAFE」オープン 日経160511、日経MJ161211
12月8日 アコ― アコ―がバンヤンツリー・ホールディングスと資本・業務提携 日経161209
12月13日 シンガポール航空 羽田−シンガポール線にA350就航 日経産業161214
12月13日
シンガポールとマレーシアの両国首脳がシンガポール−クアラルンプール
間の高速鉄道建設に最終合意
日経161214
12月20日 JTB JTBがホテル予約サイトのアゴダサービシーズと業務提携すると発表
(2017年1月より販売開始)
日経161221
12月
▲エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ内にあるスーペリアクラスのレストラン「グランドパビリオン」営業終了
オデット開店
2017年 6月1日
▲ニューマジェスティックホテル閉館
6月 スクート シンガポール−アテネ線就航 日経160823
6月 ソニー・ミュージック・エンタテインメント シンガポールにZepp開業 日経170428
7月25日 スクート・タイガーエア スクートとタイガーエアが合併、スクート・タイガーエア発足
10月1日 英YOTEL YOTELシンガポールオープン
10月27日 ユナイテッド航 ロサンゼルス−シンガポール線就航
10月30日 シルクエアー シンガポール−広島線就航(週3便) 日経170831
10月31日 シンガポール政府 チャンギ空港に第4ターミナル新設(LCC専用ターミナル跡地)<チャンギ
エアポートグループ>
日経150312・171017・171101、新建築1805
11月3日 スクート 新千歳−シンガポール線就航(〜2018年2月11日)
11月17日 ジェットスター・アジア 那覇−シンガポール線定期便開設(週3便) 日経170831
11月20日 ニラク・ジー・シー・ホールディングス ニラク・ジー・シー・ホールディングス(ニラクGCH)がシンガポールのアミュ
ーズメント企業Dream Games Singapore Pte.Ltdの全株式を取得、子会社
11月25日
セントーサ島の「タイガー・スカイタワー」営業再開(地上110m)
12月1日 JR東日本 JR東日本東南アジア営業センター開設 日刊工業171004
12月1日 ジェイアール西日本ホテル開 JR西日本ホテルズシンガポール支店開設
12月13日 FRHIホールディングス ▲ラッフルズホテルが大規模改修のため6ヶ月間営業休止 日経161020
シンガポール−クアラルンプール間高速鉄道計画国際入札
12月19日 スクート シンガポール−関西−ホノルル線就航(週4便)
キャッチコピー「Passion Made Possible」発案
2018年 1月16日
シンガポール−マレーシア間通勤鉄道建設で最終合意 日経180117
3月19日
シンガポール国会で航空法の改正案可決(発着時間守らない航空会社に
罰金)
日経180321
3月29日 リクルートホールディングス ▲リクルートホールディングスがフィリピン、インドネシア、ベトナムの旅行
会社3社をシンガポールの投資会社Jet Tech Innovation Venturesへ売
4月 シックスセンシ シックスセンシズダクストン開業
5月3日 シンガポール航空 関西−シンガポール線にB787-10世界初就航
5月10日
トランプ米大統領と北朝鮮金正恩委員長が6月12日にシンガポールで会
談すると発表(→米国が5月24日中止を通告)
日経180511
5月18日 シンガポール航空 シンガポール航空がシルクエアーを合併すると発表
6月13日 トヨタ自動車と発表 トヨタ自動車がシンガポールの配車サービス大手グラブに1100億円出資
すると発表
日経180613
6月
6月12日の米朝首脳会談会場にカペラ・ホテル・シンガポールが決定 日経180607・180606
7月20日 楽天ライフルステイ 楽天ライフルステイがシンガポールのホテル予約サイト運営会社アゴタと
業務提携発表
9月10日 デュシタニ デュシタニがLVMホールディングス(高級ビラ「エリート・ヘブンス」運営)の
全株式を取得
10月11日 シンガポール航空 シンガポール−ニューヨーク線ノンストップ便就航(A350-900ULR、所要:
18時間45分)
日経180601
11月2日 シンガポール航空 シンガポール−ロサンゼルス直行便就航(週3便、A350-900ULR) 日経181101
12月1日 シックスセンシ シックスセンシズマックスウェル開業(120室、旧商業施設を改装)
12月2日
▲トアパヨゴルフ練習場閉鎖
2019年 4月17日
チャンギ空港第1ターミナル前に複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」開業(人工滝、庭園「資生堂フォレスト・バレー」併設) 新建築1907
4月17日 潟|ケモン ポケモンセンターシンガポール開店(チャンギ空港内「JEWEL」内)
4月21日
▲紀伊国屋書店リャンコート店閉店
4月 JR東日本、三井物産 シンガポール・チャンギ空港隣接地商業施設内に飲食物販複合店「JW360°」オープン 日刊工業190306、読売190306
5月 吉本興業 吉本興業がマレーシアの大手映像配給会社アイフリックスと合弁会社設 日経190410
8月1日 FRHIホールディングス ラッフルズホテル1年8ヶ月ぶり営業再開(115室) 日経190802
8月6日 ビスタラ デリー−シンガポール線就航(B737-800、毎日運航)
8月7日 ビスタラ ムンバイ−シンガポール線就航(B737-800、毎日運航)
8月19日 楽天 楽天キャピタルが格安ホテル運営会社レッドドアーズに出資 日経190819・190820
8月27日 JR東日本 JR東日本がシンガポール陸上交通庁よりトムソン・イーストコースト線で駅構内商業区画の開発・運営権を獲得 交通新聞190906
9月20日 三菱商事 ★三菱商事の子会社ペトロダイヤモンドシンガポールで中国人社員の不正取引により345億円の損失が発生 読売190921
10月20日
▲シンガポールセントーサ島のマーライオン像営業終了(→解体)
10月26日 WILLER、Singapore Technologies Engineering シンガポールの植物園「Gardens by Bay」で自動運転車両による有償サービス開始
10月29日 ブッキング・ドットコム ブッキング・ドットコムが配車アプリ「Grab」とパートナーシップ締結、シンガポールで開始
11月18日
シンガポールの配車サービス「グラブ」が日本交通系配車アプリ「ジャパンタクシー」と連携・運用開始 日経191116
12月18日 グリーンハウ グリーンハウスがシンガポールの同業ザ・ウオック・ピープル(TWP)の全株式を取得
2020年 1月1日
マリーナ・マンダリン・シンガポールがパークロイヤル・オン・マリーナベイに改称
1月4日
センバワン温泉公園リニューアルオープン(足湯)
1月 全日空 全日空がシンガポール航空と包括提携 日経200120
2月1日 全日空 全日空がシンガポール航空との包括提携発表(→2021年冬共同事業開始) 日経200201
2月4日 シンガポール航空、シルクエアー ★シンガポール航空とシルクエアーがシンガポールと中国本土を結ぶ一部便の運航を停止
2月8日 スクート ★シンガポールと中国本土を結ぶ全便の運航停止
2月 三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行が東南アジア配車最大手グラブに最大800億円出資し資本業務提携 日経200220、読売200226
3月 三越伊勢丹ホールディングス ▲伊勢丹ジュロンイースト店閉店
4月15日 明治 明治が中国で7つの牧場運営を手がけるシンガポールの大手乳業会社「オーストアジア」に280億円出資すると発表(→7月株式25%取得) 日経200416
5月1日 チャンギ・エアポート・グルー ★シンガポール・チャンギ空港第2ターミナルを1年半閉鎖、第4ターミナルの閉鎖も検討 日経200407
6月12日 シンガポール航空 関西−シンガポール線再開(週1便)
8月6日 ヴィスタラ デリー−シンガポール線開設(B737-800)
8月7日 ヴィスタラ ムンバイ−シンガポール線開設(B737-800)
8月17日 エアアジア クアラルンプール−シンガポール線運航再開
9月3日 チャイナエアライン 台北桃園−大阪、台北桃園−福岡線運航再開
9月9日 スクート 成田−台北−シンガポール線運航再開(週1便)
9月10日 チャイナエアライン 台北桃園−名古屋線運航再開(旅客便、5ヶ月ぶり)
9月10日 アップル マリーナベイに球形水上店舗オープン(直径30m) 日経200911
9月19日 スクート 関西−高雄−シンガポール線運航再開(週1便)
10月25日 シンガポール航空 シンガポール−ブリュッセル線就航(週4便、A350-900)
10月25日 チャンギ・エアポート・グルー ▲シンガポール・チャンギ国際空港の滑走路の1本運用停止
11月1日
中国、韓国、台湾、香港、マカオ、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドから日本入国者の空港でのウイルス検査が不要となる(滞在先登録、14日間待機、公共交通機関不使用は継続)
11月5日 シンガポール航空 シンガポール−福岡線運航再開(週1便)
11月9日 シンガポール航空 シンガポール−ニューヨーク線再開(週3便)
11月 ドバイ財閥アルフタイムグループ ★老舗百貨店ロビンソンズ廃業発表
11月 全日空 羽田−シンガポール線運航再開 日経200929
12月2日 シンガポール航空 シンガポール航空−中部線運航再開(週3便)
12月4日 デュシット・インターナショナル デュシタニ・ラグーナ・シンガポールソフトオープン(198室、ラグーナ・ナショナルゴルフ&カントリークラブ内) 日経201212
12月7日 スクート シンガポール−バンコク線、シンガポール→ホーチミン線(片道)運航再開
12月15日 日本航空 羽田−シンガポール線運航再開(週3便)
2021年 1月1日
★シンガポール政府とマレーシア政府がマレー半島高速鉄道計画を撤回したと発表 日経210103、読売210104
1月8日 HIS エイチ・アイ・エスがタイとシンガポール法人で西松屋の子供服販売開始 読売210104
3月2日 シンガポール航空 羽田−シンガポール線運行再開(週便、1月18日運航再開予定を延期)
4月13日 グラブ 配車大手グラブ(シンガポール)が米投資会社アルティメーター・キャピタルのSPACとの合併を通じて年内に米ナスダック市場に上場すると発表(ソフトバンクグループ、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループなど出資) 日経210414
5月26日
香港・シンガポール両政府が隔離なしで双方を往来できる「トラベルバブル」を開始
6月16日 シンガポール航空 シンガポール−成田−ロサンゼルス線運航再開(週5便)
9月7日 ZIPAIR Tokyo 成田−シンガポール線就航
10月13日 マンダイ・ワイルドライフ・グループ シンガポールの動物園運営会社「ワイルドライフ・リザーブズ・シンガポール(WRS)」がマンダイ・ワイルドライフ・グループに商号変更、リバーサファリがリバーワンダーズに改称
11月1日 シンガポール航空 シンガポール−フランクフルト−ニューヨーク線再開
11月2日 シンガポール航空 シンガポール−香港−サンフランシスコ線再開
2022年 1月 IHG ボコ・オーチャード・シンガポール開業(旧ヒルトン・シンガポール)
4月
ヒルトン・シンガポール・オーチャードホテル開業(1080室、旧マンダリン・オーチャード・シンガポール)
8月1日 スクート 成田−シンガポール線開設
9月1日 スクート 関西−シンガポール線再開
9月13日 チャンギ・エアポート・グルー チャンギ国際空港ターミナル4運用再開
11月1日 スクート 新千歳−台北桃園−シンガポール線運航再開(週3便)
11月1日 スクート 新千歳−シンガポール線運航再開(週4便、〜2月27日)
12月2日 タイ国際航空 タイ国際航空とシンガポール航空が業務提携締結(協同運航へ) 日経221203
FRHIホールディングス ラッフルズ・セントーサ・リゾート&スパ・シンガポール開業(ヴィラ61棟)
2023年 11月23日 アリーパラオ航空 パラオ−シンガポール線開設(週1便)
11月24日 ジェットスター・アジア航空 シンガポール−マニラ−関西線運航再開(週5便)
11月30日 ジェットスター・アジア航空 シンガポール−那覇線3年8ヶ月ぶり運航再開(週3便)
12月28日 ジェットスター・アジア航空 シンガポール−無錫線開設(週2便)
マリオット・インターナショナル アロフト・シンガポール・ノベナ開業(785室)
2024年 1月19日 ヒルトン コンラッド・シンガポール・オーチャードオープン(445室、設計:ジョン・ポートマン)
2月1日 タイ・エアアジ ハートヤイ−シンガポール線開設(週3便)
2月6日 JR東日本 ベンチャーキャピタル「JRE Ventures」をシンガポールに設立すると発表
2月 ベルモンド 「イースタン&オリエンタル・エクスプレス」運行再開(シンガポール発着マレー半島周遊3泊4日)
4月3日 エアカナダ バンクーバー−シンガポール線開設(週4便)
4月26日 Air Japan 成田−シンガポール線開設(週5便)
6月21日 シンガポール航空 シンガポール−ロンドン/ガトウイック線開設(週5便)
9月1日 シンガポール航空 シンガポール−羽田線深夜便運航再開
10月5日 シンガポール・ターフクラブ ▲シンガポール競馬場閉鎖(再開発のため、180年の歴史に幕) 日経230608
2025年前後
シンガポール政府 チャンギ空港に第5ターミナル新設 日経150312
2026年
シンガポール−クアラルンプール間高速鉄道開業<→撤回> 日経160720
MRTジュロン地区線第1期開通
2028年
MRTジュロン地区線全線開通

<不明>
開拓者博物館
戦争資料館
マンダイ蘭園
ジュロン・クロコダイル・パラダイス
エスケープ・テーマパーク(遊園地・閉鎖)
タイガー・スカイタワー(高さ100m、回転式展望台)閉鎖
バタフライパーク(セントーサ島)
セントーサ・ウエーブハウス
マーライオンタワー(高さ37m、→セントーサマーライオン)
ハウパービラ(旧タイガーバームガーデン)内に「フア・ソン博物館」
観音寺(ブギス)