日本観光史
日本観光史:会社編


デンマーク王国



戻る
戻る



1583年
デュアハウスバッケン開園
17世紀
クリスチャン4世 ローゼンボルグ城完成
1730年
ロイヤルコペンハーゲン窯開設
1755年
ホテル・ダングレテール開業
1760年
コペンハーゲン国立美術館開館
1770年
コペンハーゲン大学動物学博物館開館
1843年
チボリ公園開園(コペンハーゲン)
1878年
フレゼリクスボー城歴史博物館開館(ヒレレズ)
1911年
デンマーク科学技術博物館開館(ヘルシンゲア)
1913年
人魚姫像設置(コペンハーゲン)
1914年
海洋博物館開館(ヘルシンゲア)
1918年 10月
DDL(Det Danske Luftfarselskab)設立(→SASデンマーク)
1939年
デンマーク水族館開館(シャーロッテンルント)
1946年
SAS スカンジナビア航空(SAS)設立<スウェーデン、デンマーク、ノルウェー三国共同出資>
1951年 4月27 SAS 南回り東京線営業開始(DC-6B、バンコク線を延長)
1952年 11月19 SAS SAS、世界初の北回り定期航空路開設(コペンハーゲン―ロサンゼルス線、DC-6B使用)
1953年 2月26
日本デンマーク航空協定調印(7月24日発効)
1954年 11月15 SAS SAS、北回りコペンハーゲン−ロサンゼルス線営業開始
1957年 2月24 SAS スカンジナビア航空、北極航空路コペンハーゲン−アンカレジ−東京間開設(DC7C、週2便) 朝日570225
1958年 1月22 SAS 南回りDC7C1番機羽田到着  朝日580122
ルイジアナ近代美術館開館
1960年 4月30
コペンハーゲン空港ターミナル竣工
10月11 SAS 北極回りコペンハーゲン−東京線DC8C就航 日経601012
1967年 2月24 SAS スカンジナビア、北極航空路開設10周年を記念し、「古代スカンジナビア碑銘譯(ルーンストーン)」を日比谷公園に寄贈、除幕式 読売中央版670225
1969年
バイキング船博物館開館(ロスキレ)
1970年 1月21
日本北欧3国航空交渉妥結(双方、東京―モスクワ―北欧3国間運航に合意)
1973年 6月4日 プリンスホテル ホテルスカンジナビア開業(コペンハーゲン市) 西武ことしのメ
1992年
ボンボンランド開園
1997年 6月1日
グレートベルト・リンク鉄道開通(シェラン島−ユトランド半島間)
1998年 6月14
グレートベルト・リンク道路開通(シェラン島−ユトランド半島間)
2000年 7月1日 オーレスン橋公 オーレスン・リンク開通(デンマークシェラン島−スウェーデン間鉄道・道路、トンネル・橋)
2003年
Noma(ノーマ)開店(レストラン、コペンハーゲン)
2007年
Geranium開店(コペンハーゲン、→2010年移転)
2008年
コペンハーゲンに「アンデルセン」出店(パン屋)
2011年
DFDSシーウェイズ オスロ−コペンハーゲン間DFDSシーウェイズの「パール・オブ・スカンジナビア」の船名が「パールシーウェイズ」に変更
2013年 1月18 DFDSシーウェイズ ペンハーゲン−オスロ間豪華客船DFDSシーウェイズの「クラウン・オブ・スカンジナビア号」の船名が「クラウン・シーウェイズ」に変更
 セントラル・グループ セントラル・グループがデンマークの百貨店「イルム」を買収
2019年 1月2日 デンマーク国鉄 ★デンマーク国鉄(DSB)が列車事故6人死亡(貨物列車の屋根が強風で吹き飛ばされ旅客列車を直撃)
2020年 3月29  スカンジナビア航空 羽田−コペンハーゲン線就航(毎日運航、A350)、▲成田−コペンハーゲン線運航終了
4月
▲デンマーク自治領フェロー諸島で主な観光施設を閉鎖し、住民が環境保全活動に取り組む
7月21 ジェット・タイム ★ジェット・タイムが破産手続き開始
2021年 7月10 スカンジナビア航空 羽田−コペンハーゲン線43年ぶり開設(成田線を移管)
オードロップゴー美術館新館オープン(コペンハーゲン、設計:スノーヘッタ建築事務所)
2022年 7月5日 スカンジナビア航空 ★SASが米国での連邦破産法11条の適用申請を明らかにする
2023年 2月9日 スカンジナビア航空 コペンハーゲン−ニューヨークJFK線開設(週5便、A321neo)
6月 スカンジナビア航空 コペンハーゲン−東京線運航再開(週3便、成田から羽田へ変更)
10月30 スカンジナビア航空 コペンハーゲン−バンコク線開設(週3便)
2024年 6月6日 アメリカン航空 フィラデルフィア−コペンハーゲン線就航(毎日運航)